2021.06.28

合宿免許のメリットとデメリット


自動車の免許をとる際、自宅から教習所に通い、運転に必要な技能と知識を学ぶのが一般的です。一方一部の自動車教習所では、寮やホテル、旅館などの宿泊施設に泊まって教習を行う「合宿教習」を行っているところがあります。合宿免許に参加して運転免許を取得する方法を「合宿免許」と呼んでいます。合宿免許なら、自動車教習所に通って免許を取得するより費用が安く上がります。合宿免許の参加費用の相場は20万円から25万円くらい(一部でそれ以上かかるところも)で、さらに低価格なところもあります。一方、教習所に通学する場合は、免許の取得費用だけで通常25万円から30万円ほどかかります。合宿免許の費用には、毎日3食の食事代と合宿期間中の宿泊費が含まれるのが一般的です。お住いの最寄のターミナル駅から合宿所までの往復の交通費を負担してもらえたりするサービスもあります。(ただし上限付き)また、大半の合宿免許では実技試験に落ちて免許取得の期間が数日延長になっても、追加料金がかからないプランを用意しています。合宿免許で運転免許を取得する場合のメリットとしては、普通車ATであれば約2週間程度の期間で運転免許を取得できるので非常に短期間での免許取得が可能になります。合宿免許の場合は宿泊施設に泊まりながら毎日運転免許の教習を集中的に行う方法で免許を取得することが可能です。通学免許は基本技能教習の予約を教習所の受付でしなければなりません。教習に空きが無い場合は技能教習を受講したくても出来ませんが、合宿免許の場合は入校から卒業までスケジュールを組み配車予約を先にするので教習を受けることができない!なんて事はございません。入校から卒業までスケジュールを組み配車予約を事前に確保をする為、教習を受けることができないなんて事はありません。こちらでは合宿免許のメリット・デメリットをまとめたものになります。是非、比べてみて下さい!

【合宿免許のメリットとは】
●卒業までの費用が安い。
合宿免許の参加費用の相場は20万円から25万円くらい(一部でそれ以上かかるところも)で、さらに低価格なところもあります。一方、教習所に通学する場合は、免許の取得費用だけで通常25万円から30万円ほどかかります。合宿免許の費用には、毎日3食の食事代と合宿期間中の宿泊費が含まれるのが一般的です。お住いの最寄のターミナル駅から合宿所までの往復の交通費を負担してもらえたりするサービスもあります。(支給金額が自動車学校によって異なる)また、大半の合宿免許では実技試験に落ちて免許取得の期間が数日延長になっても、追加料金がかからないプランをご用意しています。
関連ページ保証充実

●短い期間で免許の取得が可能・教習の乗車予約等は不要。(教習所が手配)
合宿免許では、毎日の教習スケジュールがあらかじめ効率よく確保されているため、
面倒な予約の必要もなくスムーズに教習を受けることができます。取得する免許によりますが平均2週間~3週間(普通車ATで最短14日間~)で全ての教習を終えられます。通学では、希望の教習の予約がスムーズにとれないといった問題も起こりがちで、教習を終えるまでに通常2ヶ月~3ヶ月程かかると言われております。(夏休み・冬休み・春休み期間は特に学生様で混雑するため)関連ページ合宿免許とは

●勉強の効率が上がる。
合宿免許では毎日、学科と実技の教習が数コマずつあるのが一般的です。
そのため、交通法規の知識や運転技術を集中して身に付けることができます。
通学では、予約が取れなかったり自分の都合が合わなかったりして教習の間隔が空くと、学科・実技の両方とも身に付くのが遅れるおそれがあります。

●同じ目的があることで新たな出会いや、友人ができる。
色々な県から人が集まるのが免許合宿の特徴です。免許を取得するという目的が一緒なのでお一人で参加される方も免許を通じてお友達になれます。学生なら友達も出来やすいし、社会人の方なら他の合宿生の仕事や社会経験の貴重な話を聞けます。免許合宿は出会いを通じて自身の成長も感じられ、更に免許取得の一石二鳥です。

●旅行や観光も兼ねて免許取得が可能。
免許合宿は通常地元から離れて他県で免許取得するプランで、教習所によっては観光付きのプランも実施しています。合宿免許では、普段過ごさない地域に滞在するという特性から、普段の生活では味わえない魅力がたくさんあります。例えば空き時間に散策に出かけたり、海に近い教習所ならマリンスポーツ、合宿先でしかできないような体験ができます。教習のスケジュールはぎっしり詰まっていますが教習所や入校日によっては、休校日をまたぐ場合もあります。また合宿期間中に友達になった人と卒業後に旅行を楽しむ事ができるのも免許合宿の魅力と言えます。2週間他の県に行くのであれば、旅行も兼ねて免許を取ろうと考える人は多いです。一部の教習所では、入校特典としてご当地グルメや地元の名所ツアーを提供しています。

●地方の合宿免許を選べば路上運転が比較的楽
都心から免許合宿に参加される方が知っておきたい道路情報です。地方の方の移動手段は電車ではなく基本車なため、道路は都心と違い広い2車線で信号機も少ないです。路上停止している車があっても道幅が広ければスムーズに車線変更でき、また信号機が少ないと走行距離が延ばせる利点があります。入校後は、まず所内教習で基本的な運転を学びその後の、第二段階で実際の道路を走る「路上教習」へ。 地方で教習を受ける場合、比較的道路も空いているため、快適に路上教習を受けられます。都会に住んでいる方は、自宅の近くで教習を受けると、車で混雑している道路を走ることになります。「後ろに車が沢山並んでいるとプレッシャーを感じて焦る」という方は、合宿免許をおすすめします。その一方で地方で免許を取得しても、地元に帰った時運転できないのでは?と心配される方も多いでしょう。地方で取得した後も地元で取得した後も、誰もが初心者の為怖くなることは当然です。運転は乗る回数次第でコツをつかんだり、恐怖心も徐々になくなっていきますので地方で取得すれば乗れないということはございませんので、このような不安で迷われている方は合宿免許も検討してみてください。
 

【合宿免許のデメリットとは】

●ある一定のまとまった休みが必要。
合宿免許では、スケジュールが決まっている分、ほとんどの自動車教習所では原則として免許取得のために釘付けとなります。このため、合宿免許にはまとまった休み(普通車なら2週間程度)が必要になり、学生さんでしたら夏休み・冬休み・春休み・利用すればこの問題はクリアする事ができると思いますが、お仕事をされている社会人の方は長期休暇などゴールデンウィークなどを利用しなければ難しい場合があると思います。

●ご自身のペースで教習を受けることができない。
合宿期間中も、教習を受ける時間は選ぶことができません。このため、教習スケジュールを中心にしてご自身の日々の予定を決めなければならなくなります。ご自身のペースを崩されたくない場合は合宿免許は非常に難しくなってまいります。

●一時帰宅ができない。(やむを得ない場合を除く)
合宿は通い免許と違い、教習スケジュールがびっちり組み込まれている分、短期間で免許取得が可能です。一時帰宅してしまうと、スケジュールがずれ込み延長になり、またいつ教習が再開できるか分かりません。これでは最短卒業可能な合宿免許の旨味がまったくありませんので、原則としては一時帰宅はできない事になっていますが、年末年始や、卒業式での一時帰宅は認められている自動車学校はございます。お客様の状況によって可能な場合もございますのでお気軽にご相談下さい。

●コミュニケーション能力が必要。
免許合宿は共同生活ですので、ある程度は他の方との会話やコミュニケーションが必要です。お部屋タイプによっては、相部屋で初対面と方との生活になります。技能では指導員の指示に対して受け答えをしなければなりません。特に一人で参加される方は、ひとりぼっちにならないように、声かけする事が大切です。ちょっと人見知りであまり人と話せない、そんな気を使うのは嫌だ、積極的になれないという方はおすすめができません。

●集団生活
合宿ですので、最短でも2週間同じ環境で集団生活をしていただきます。学生の夏休みや春休みが合宿免許の繁忙期になります。教習生が一番多い時期です。これは人によってはストレスを感じるかもしれません。

 

この記事のまとめ
合宿免許のメリットは、費用を抑えながら短期集中型で免許を取得できる点です。2~3週間にわたり全国から集まったいろんな人と合宿生活を送るため、新たな出会いも楽しみの一つです。また、仕事をしている人も会社の長期休暇に有給休暇を組み合わせるなどして合宿免許に参加すれば、仕事の合間に教習所に通うよりも、効率的に免許取得が可能となります♬合宿免許で取得しようか通学で取得しようかと迷われている方にこちらの記事を通して一人でも多くの方に合宿免許をご選択していただけることを願っております。

記事一覧に戻る

株式会社ドリーム(ドリーム運転免許センター)
株式会社ドリーム(ドリーム運転免許センター)

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町5-2-11 上六新興産ビル7階