2022.03.11

【合宿免許】大学生のうちに運転免許を取得しておくべき4つの理由

大学生のうちに運転免許を取得しておくべき4つの理由

 

「大学生のうちに運転免許を取っておいた方がいいよ。」
「社会人になってから教習所に通うの、しんどい。学生にうちに取得しておけばよかった。」
高校を卒業して大学や短大・専門学校に進学するころ、周囲からこんな声を聞かされることも少なくないでしょう。
本記事は、そんな声を聞いて合宿免許を検討している方のお役に立てる記事です。

今回は、学生のうちに運転免許を取得しておくべき理由をお伝えします。
自由な時間がたくさんある学生生活とはいえ、計画的に効率よく進めていかないと、あっという間に学生時代は過ぎ去ってし
まいます。
人生の先輩たちが実際の経験にもとづいてお勧めする4つの理由を説明していきます。
そして、部活動やサークル、アルバイトやインターンなど何かと忙しい大学生には、たったの2週間程度で運転免許が取得で
きてしまう「合宿免許」のおトクさについてもご紹介します。

 


 

目次

  1. 人生でもっとも自由な時間を確保できるのは学生時代
    1. 社会人になれば、仕事で運転する場面が多くなる
    2. 学生時代のいつ取ればいいの︖タイミングは︖
    3. 通学免許と合宿免許、どっちがいいの︖
      1. 短期集中でサクッと取得したい場合
      2. 日数がかかってもいい/生活パターンを崩したくない場合
      3. 費用を抑えたい場合
    4. 合宿免許の場合、一年のうちでいつがいいの︖
  2. 就職活動のあらゆる場面で役立つ
  3. 「学割」や「グループ割」が使えて断然おトク
  4. それだけで公的な身分証明書になる
  5. この記事のまとめ

 


 

1.人生でもっとも自由な時間を確保できるのは学生時代



人生でもっとも自由な時間を確保できるのは学生時代


学生時代のうちに運転免許を取得しておくべき最も大きな理由は、
ある程度まとまった時間を思い通りに確保できるのは学生時代だけだからです。
たしかに、社会人になってから教習所に通う人もいます。
しかし、ほとんどの社会人は、平日は朝から晩まで仕事に追われるので、週末はゆっくり休んでいたいもの。
学生である今は想像がつかないかもしれませんが、
社会人になれば、学生時代とは比較にならないほど忙しく、心身ともに疲れる日々が待っています。
また、クルマの運転は、慣れるまではとても神経を使うので、教習後には疲れてグッタリなんてことも珍しくありません。
ただでさえ忙しい社会人生活に、自ら数ヶ月にもおよぶ教習所通いを加えるようなことは、恐らくしないでしょう。
そして、ズルズルと先延ばしにしてしまうのです。
そんなことが容易に想像できるので、少しでも余裕のある学生のうちに運転免許を取得することをお勧めするのです。


①社会人になれば、仕事で運転する場面が多くなる

もちろん職種にもよりますが、営業職なら運転免許はほぼ必須のもの。
とりわけ勤務先や配置先が少しでも地方になれば、間違いなくクルマは必要不可欠です。
また、地方勤務であれば、仕事以前に通勤や生活手段としてクルマが必需品になります。
社会人生活をはじめる前に運転に慣れておかないと、精神的にも大きな負担になり兼ねません。


②学生時代のどのタイミングで取ればいいの︖

4 年制大学であれば、1~2 年生のうちに、
短大や専門学校であれば、なるべく 1 年生の早い時期が望ましいです。
学生生活も年次が上がっていくと、より専門課程に進み、自由な時間を確保しにくくなります。
さらに最終学年の前年から就職活動の準備を並行させなければなりません。
できれば、それまでに運転免許をサクッと取得してしまいたいところです。
とはいえ、現在大学 4 年生の方が完全に手遅れというわけではありません。
タイミングがむずかしいのですが、就活と卒論がひと段落したところを狙って合宿免許で取得する方法があります。
いずれにしても、社会人になる前に運転免許を取得しておくことをお勧めします。


③通学免許と合宿免許、どっちがいいの︖

この記事をここまで読み進めてくださっている方は、
すでに運転免許の取得に前向きで、加えて合宿免許を検討されているのだと思います。
なかには、通学免許と合宿免許で迷われている方もいらっしゃることでしょう。
この選択をするには、いくつかのポイントがあります。
あなた自身がどのタイプに当てはまるかを意識して一緒に見ていきましょう。

1.短期集中でサクッと取得したい場合

なるべく短期間で取得したい場合は、合宿免許をお勧めします。
通学免許の場合は、比較的スムーズに取得できたとしても 2~3 ヶ月はかかります。
混み合う時期であれば、教習予約が思うように取れないので、さらに長い道のりになることでしょう。
それに対して、合宿免許の場合は、AT 限定の普通免許であれば、最短 2 週間で取得することも可能。
合宿免許では、短期集中型の教習スケジュールが組まれているので、運転感覚が身に付きやすく、運転技術も早く
向上し、免許取得までがとてもスムーズです。
ダラダラと数ヶ月間も通学したくない、短期集中で取得したい方には、合宿免許が断然オススメです。

2.日数がかかってもいい/生活パターンを崩したくない場合

「自宅から離れたくない」、「日常の生活パターンを崩したくない」
そのためには「取得までに日数がかかってもいい」という場合には、ご本人の適性として通学免許が合っています。
そのような方の場合、合宿免許のように自宅を離れて 2 週間もの間、合宿生活を送るのはむずかしいでしょう。
ただし、通学免許の場合、比較的スムーズに取得できても 2~3 ヶ月、
都心部の教習所や春夏の混雑期と重なれば、さらに想定よりも遅れてしまうことを覚悟しておく必要があります。

3.費用を抑えたい場合

春・夏休みの混雑時期であれば、通学と合宿免許の費用は、それほど大きく変わらないという傾向があります。
(当然、卒業までの期間は、通学の場合は2ヶ月から数ヶ月間、合宿免許の場合は2週間程度。)
しかし、合宿免許だけに限ると、同じ教習所でも、混雑時期(繁忙期)と閑散期とでは、数万~10 万円程度
もの差があります。
時期は問わない、とにかく費用を抑えたい「とにかく安く︕」という方には、合宿免許の閑散期を狙い撃ちすることを
オススメします。



◇費用を抑えたい、安さにこだわりたい方に向けて、下記の記事でも詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

>> 「合宿免許の費用」 ~安さのヒミツ&もっと安くできるコツ~



④合宿免許の場合、一年のうちでいつがいいの︖

何を最重要視するかによって変わります。
たとえば、費用を抑えることを第一に考えるなら、閑散期だけを狙います。
合宿免許の料金は、学生の長期休暇に合わせた季節変動型。
参加しやすい春休み(2月~3月下旬まで)と夏休み(7月後半~9月下旬まで)の2つの期間が繁忙期で費用は高くなります。反対に、繁忙期以外の閑散期には安くなります。
前項でも述べましたが、同じ教習所でも数万~10 万円程度の料金差が生まれるので、
費用を抑えたい場合には、閑散期を狙って入校することをお勧めします。
友人やサークル仲間とともに参加するなら、全員が調整しやすい長期休暇の方がよいでしょう。
ただし、繁忙期の予約は激戦となるので、入校希望日の2~3ヶ月前には予約を完了させる必要があります。



◇年間を通じて変動する合宿免許の料金について、下記の記事でも詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

>> 合宿免許の費用 ~仕組み&特徴~




 

2.就職活動のあらゆる場面で役立つ



就職活動のあらゆる場面で役立つ


就職活動では企業の募集要項に「要普免」と普通免許の保有を前提条件にする企業も少なくありません。
もちろん、入社時までに取得すればよいケースばかりですが、営業職であれば、必ず求められる資格です。
なかには先天的な適性としてクルマの運転が苦手な人もいます。
その場合は、クルマの運転を日常的に求められる職種は避ける方が賢明でしょう。
ほとんどの営業職は、フットワークの軽さが求められるので、
運転への苦手意識があると、仕事以前に運転が苦痛になり、毎日がつらいものになってしまいます。
また、営業職ほどではなくても、地方都市にある企業に勤務する場合には、通勤や日常生活で必要になることも。
ある程度の運転経験があるに越したことはないため、余裕をもって事前に取得しておくと安心ですよ。
いずれにしても、運転経験があれば、職種への適性や自身が生活する姿を容易に想像できます。
決して志望する企業にエントリーするためだけの運転免許ではありません。
クルマを運転することで、これまでより社会と接する機会が増えることにもなります。
些細なことのように思えますが、
クルマの運転を通じて、自身の適性や自己分析を行うこともできますよ。



 

3.「学割」や「グループ割」が使えて断然おトク



「学割」や「グループ割」が使えて断然おトク


教習所ではさまざまな割引やキャンペーンを実施しています。
まずは、学割。 一部の教習所では学割の利用が可能です。
学割を利用できるのは、学生ならではの役得。
これを利用しない手はありません。
さらに合宿免許の場合、友人同士やサークルなど複数人で参加するなら、グループ割が使えます。
社会人になってからでは、学割の利用は当然のこと、グループ割を使える機会もまずないでしょう。
ぜひ学生のうちに学割を利用して運転免許を賢く取得しておきたいものです。



 

4.それだけで公的な身分証明書になる



それだけで公的な身分証明書になる


運転免許証は、顔写真が付いているので免許証 1 枚だけで公的な身分証明書になるのでとても便利です。
健康保険証の場合だと、顔写真が付いていないため、ほかの補助書類が必要になることが多く見られます。
たとえば、スマホの契約には、運転免許証1枚でも認められますが、健康保険証だけでは認められません。
学生の場合、学生証も顔写真が付いていますが、スマホの契約などには効力が十分とはいえません。
それに、学生証は卒業と同時にたちまち使えなくなってしまいます。
常にお財布に入れて持ち運べる運転免許証は、とても使い勝手がいいですよ。



 

5.この記事のまとめ



この記事のまとめ


今回は、「大学生のうちに運転免許を取得しておくべき4つの理由」について説明してきました。


  1. 人生でもっとも自由な時間を確保できるのは学生時代
  2. 就職活動のあらゆる場面で役立つ
  3. 大学生のうちなら「学割」が使えてお得に取得できる
  4. 公的な身分証明書になる

学生生活は、本当にあっという間に過ぎてしまうので、
学生時代でなければ出来ないこと、
学生のうちにやっておくべきことを優先して計画的に実行していくことをお勧めします。
その一つが運転免許証の取得です。

男女を問わず、社会人になってからの多忙さはますます極まるばかりです。
「たかが運転免許、されど運転免許」ですが、社会に出てから何かと必要に迫られる機会が多いのも事実。
社会人にくらべて時間にも心身にも余裕のある学生のうちに、
学生の特権である学割を上手に利用して、
短期集中の合宿免許でササッと取得しておくことをお勧めします。

合宿免許を利用する場合は、
せっかくなので、友人同士やサークルで利用すれば、グループ割なども利用できて、さらにおトク。
みんなで参加すれば、楽しさも思い出も倍増で、たったの 2 週間程度で運転免許が手に入ります。
4年制の大学生なら、できれば 1・2年生時に取得するのが理想的ですね。

合宿免許について、わからないことがあれば、
当サイト「合宿免許ドリーム」のスタッフまでお気軽にご相談ください。


電話でご相談:0210-911-592 (受付時間 10:00~19:00 土日祝 OK)

合宿免許ドリームで検索する ⇒ https://dream-licence.jp/

記事一覧に戻る

株式会社ドリーム(ドリーム運転免許センター)
株式会社ドリーム(ドリーム運転免許センター)

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町5-2-11 上六新興産ビル7階